ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。

新!男塾!!
takumi_thefuck2

タイトル:ザ・FUCK
出演男優:高橋匠
出演女優:林由美香
収録時間:約22分
発売日:1989?


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
1989年(?)に発売された同名作品(表)の流出版のようだ。
この作品の匠さんはまだ髪が短く(これから伸びそうな兆候はあるが)、色白長髪丸眼鏡時代と比べると別人のようなかっこよさ。
男の色気もムンムン。

女優さんや監督さん(?)とのやりとりを聞いている限り、もともとは本番2連続で収録していたようだ。
しかし本作には2回戦目しか収録されていない。

いきなりベッド上で女優さんとパンツ1枚で絡み合うシーンからスタート、女優攻めに10分強。
声質が適度にAV仕様に作られている感じでセクシー、質問攻め、言葉責めも効果的。
フェラに移行するところでビキニを自分で脱ぐが、ぼやけ気味ながら平常時チックなモノがぶらぶら揺れているのを確認することができる。

1分程度のフェラの後、挿入に際し焦らし、質問攻めが入る。
型紙どおりと言えばそれまでだが、やはりこういう焦らしが入るのと入らないのとではエロ度が大きく違ってくる。

ファックは生姦だが、残念ながら正常位のみで7~8分、男優ケツ側からのアングルもない。
しかしファック中もエロい質問責めは続き、フィニッシュも腹~胸に射精ではっきり出ている様子が見れる。

イッた後談笑シーンが1分程入っており、声のトーンが少し変わって「素」に近い感じになっているのも行為の最中とのギャップがあっていい。
息を切らしながら、全裸で勃起チンポそのままに座っているシーンが抜かれているのも嬉しい。

ファックシーンが短い上に男優ケツ側からのアングルがない(横からビキニの日焼け跡は確認できる)のは残念だが、挿入焦らしシーンで勃起チンポはよく拝めるし、ラストに全裸正面全景が拝めるのは有難い。
ねっとりし過ぎずカラッとし過ぎずのエロ言葉責めもいい。

総合的におすすめ度は3止まりだが、短髪時代(?)の匠さんに興味がある人は是非。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<Sweety Candy>
ザ・FUCK
※本記事で紹介している作品です。

<トリプルエックス(旧exotica)>
The FUCK
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

<Honey AV(旧cutie82)>
ザ・FUCK
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

takumi


タイトル:ハイパーAV トレイシー沙貴
出演男優:高橋匠
出演女優:トレイシー沙貴(卑弥呼)
収録時間:約35分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■□□□
トレイシー沙貴(卑弥呼)のデビュー作らしいが、彼女のわがまま放題がムカつきを通り越して笑える。
周りの監督やスタッフも彼女に気を遣いまくりでタジタジ。
よっぽどの逸材だったのだろうか。

まず、男優とのキスなし。顔付近に唇を近づけられるだけで露骨に嫌な顔。
フェラチオを始めて1分経ったか経たないかで監督に向かって「まだ?まだ?」
騎乗位で入れた後、ゴムを付けてないことに気が付き「コンドーム忘れた」と男優から離れ、
監督の「付けてあげたりしないの?」の問いかけに「やですよ~。」
さらに「(騎乗位は)腰痛い。下がいい。」
手を縛っちゃおうか、という提案にも「やだ~!」
その後も男優に向かって「え~気持ち悪い」など失礼な言動を連発。
「AV女優なんて軽いもんよ」とサバサバ女優を演じてみせた(ファック中も一応一本調子なあえぎ声をあげていた)つもりなのだろうが、最後の顔射はお高い彼女には応えたようで、「彼氏の時と比べてどう?」の問いかけに「いいんじゃない?」と笑顔で強がり。
いくらちやほやされても、AV女優という職業はそう甘くはなかったようだ。

・・・と、すっかり女優の話になってしまったが、本作の男優は高橋匠さんらしい。
丸メガネで色白ヒゲ長髪の男優さんが高橋匠さんだと思っていたので、本当に同一人物なのかどうかあまり自信がない。
重くて野暮ったい長髪でお世辞にもいい男とはいい難いのだが、ちょっとダメ男風なところがそそる。
適度に日焼けしていて、ケツのビキニ跡もエロいし、腋毛、脛毛など体毛もいやらしい。
全体的にむっちりしたカラダもおいしそう。
モノもご立派、特に勃起した時に、中央の筋がくっきり浮かび上がるのがエロい。
玉袋もボリュームがあっていい。
射精量もかなりのもの。
全体的に、天然の雄フェロモンが漂っている。

設定はトレイシー沙貴の処女作という大きなお題目があるため、ノーマルな1対1の絡みのみ。
カメラアングルもあまりゲイには優しくなく、騎乗位の抜き差しアップがエロいぐらいか。
コンドームを付け忘れているため、ここで勃起チンポ中央のナマ筋が堪能できる。

ちなみにこの男優さん、この後「えびすさんがみてる!」という作品で再び卑弥呼と絡んでいる。
そちらではバックアングルからの玉袋の揺れなども堪能でき、本作よりエロかった。
(しかし悲しいかなビデオテープが行方不明になってしまった・・・。)

男優の山男っぽいエロさには惹かれるが、抜きどころが少ないのでおすすめ度は2。


↓本作と同一男優・女優さんによる絡み「えびすさんがみてる!」です。
<昔の裏ビデオ配信>
えびすさんがみてる

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト