ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。


sushi


タイトル:EROTIC SUSHI GIRLS #3
スタジオ:Oriental Dream
出演男優:不明
出演女優:不明
収録時間:約85分
発売日:2002/12/3


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
ノンケ向けAVでたまーに遭遇する「女体盛り」だが、
一般的なノンケは「女体盛り」へ憧れのようなものを持っているのだろうか。
自分だったら、「男体盛り」をするぐらいなら刺身と男体を別々にいただきたい。
まあ、遭遇するのはたまになので、マニア向けなのかな。

本作品は
①ノーマルな3P
②ローションプレイ
③ノーマルな絡み
④女体盛りからの3P


から成るが、①と④に出てくる野性的な男優さんが結構タイプなので、そこを紹介。

この男優さん、イケてる表情は伊藤英明、江口洋介風なのだが、時折猿の惑星顔になってしまう。
しかし焼けた肌、逞しい腕、ムッチリしたケツとエロいカラダで、猿顔を野性味という魅力に上手く昇華している。
残念ながら男優さんの名前は分からないが、
最後のクレジットに

SINGO OGAWA
KIYOSI SASAKI
TOTOSI WAJIMA


の3名の男優名が並んでいるため、この中の一人なのだろう。

まずは①、ノーマルな3P。
いきなり全裸で女優の寝込みを襲うあたりから猿っぽいのだが、このパートでは最初から最後まで全裸というのが潔い。
前を隠そうともせず、随所で平常時のチンポが映るのも平常時フェチとしては有難い。
ファックは正常位~マングリ返し気味に上から突く~正常位という感じでバリエーションこそ少ないものの、男優のケツ側からのアングルが結構多く、ケツ全体はもちろん、ケツごしに揺れるふぐり、アナルも拝めて大満足。
腕や太ももの筋肉の付き具合もしっかり確認できる。
最後は顔射。

続いて④、女体盛りからの3P。
女体盛り自体は嬉しくもなんともないのだが、男優の浴衣姿はやはりエロくていい。
浴衣がはだけて見える褐色の脚、これぞジャパニーズ・エロス。
残念ながら刺身を2、3つまんだ後はいつの間にか全裸になってしまっている。
浴衣の紐をほどきながらファックorフェラ、最終的には全裸とかだったら最高なのだが、ゲイビでもそこまで丁寧に作ってくれてる作品はないからしょうがないか。
ここは女体盛り状態のままのファックのため、体位は正常位のみだが、①に比べ上半身の逞しさが堪能できるのは嬉しい。
さらに、ここでも男優のケツ側からのアングルが多いため、①同様、ムッチリしたケツ、揺れる玉袋が堪能できる。
最後はマグロの刺身に射精、女優の口元に持っていくがさすがに女優は食べなかった。
栄養はありそうだが。

・・・というわけで、野性的な男が好きな方にはおすすめな作品。
ちなみに、今回は紹介していないが③のパートに出てくる男優さんも結構イケてる。
こちらは野性的という感じではないが、整った顔に均整のとれた体、顔に似合わず毛深め、というのがポイント高い。

↓動画を観たい方は、こちらから!
<XVN(旧99bb)>
Erotic Sushi Girls Vol.3 「エロティック寿司ガール!」

<Xonair.com>

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

kurihara
→拡大画像はこちら

タイトル:プラチナAV 西田理沙
出演男優:速水健二、本田亮、栗原良
出演女優:西田理沙
収録時間:約60分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
淫乱ヤリマンOLの腹にマンコがもう一つ出来てしまうという、岡田あーみん的笑いの世界を狙ったものなのか、「マンコが二つ」という妄想くすぐり系エロ世界を狙ったものなのか、狙いがよく分からない作品。(もっとも後者が狙いだとしても、ゲイにはなんの効果もないどころか、見たくもないものが1つ増えて不快なだけなのだが。)
出演男優陣から、90年代半ば頃の流出作品か。

ここでは栗原さんパートを紹介。
この時期の栗原さんは黒ブチ眼鏡+角刈りでダサめな老けキャラを作りこんでいたように思う。
(他の同時期の作品でも何度かこういうキャラを見ているし、染めたのか、白髪混じりの作品もある。)
この作品も、キャプ画をさらっと見ると吉田照美か円広志かという感じなのだが、眼鏡の奥の笑顔を覗き込めば、万人受けしそうな全盛期の長江健次風いい男であることが隠し切れていないのが分かる。

栗原さんの役どころは、二つ目のマンコが出来てしまった女優の相談に応じる医者か祈祷師かそのあたりだと思うのだが、見せられた「二つ目のマンコ」に興奮し、診察もそこそこにセックスに突入してしまう。
プレイは軽い前戯の後、フェラさせながら細いバイブを本物の(笑)マンコに複数本挿入、一本一本抜いていく様はなかなかエロい。
このバイブ挿入シーンで見える栗原さんのウエスト~ケツのラインは最高にセクシー。
また、バイブを抜いた後、チンポを挿入する前にカメラ前にケツを向けて女優の体をまたぐのだが、ここでは形のいいきれいなケツに加え、ケツの間から揺れる玉袋、ペニスが拝める。
こういう無防備不意打ちエロはポイントが高い。

ファックは正常位のみ、結合部アップも少なく5分程度であっという間にイッてしまい、当然ファックシーンのエロ度は低い。
そのため作品としての評価は落ちるが、栗原さんの逞しい腕、割れた腹筋、形のよい適度な膨らみのあるツルスベなケツが拝めるのは有難い。

ちなみに、栗原さんパートの前には速水さん、本田さん+女優の3Pなどがあるが、本田さんとの絡みは比較的結合部のアップなども多く、エロ度もなかなか。

ただ、古い作品でも今の作品よりエロいものはもちろん沢山あるのだが、これは全体的にエロさよりも古臭さが目についてしまう作品かな。
男優陣もこの時点で既に中堅~ベテランの域に入っている感があるし。

↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
2まんこ美女
※本記事で紹介している作品(栗原さんの2Pパート)が収録されているようです。



↓栗原さんの「昔の裏ビデオ配信」出演作をチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

tani


タイトル:JAPANESE SUPER IDOLS Vol.17 夢野まりあマニアックエディション
スタジオ:JAPAN X
出演男優:桜井健一、谷口あつし(田仁正也) 他
出演女優:夢野まりあ
収録時間:約110分
発売日:2004/2/9


ゲイ的おすすめ度 ■■□□□
タイトル通り夢野まりあ姐さん出ずっぱりの作品、
「ナース」「ボディコン」「赤ずきん」「女豹」「ミニスカポリス」コスプレの5パートに分かれており、
谷口くんは「ボディコン」「女豹」のパートに出演。

残念ながら絡みはなく、エロアングルも少ないのだが、まりあ姐さんに子犬のようにいじられる谷口くんがカワい過ぎるので紹介。
ちなみに桜井くんが「ミニスカポリス」パートでまりあ姐さんとガチンコで絡んでいるので、そちらは別途。

この作品、ゲイの自分が見てもまりあ姐さんのバディーはツッコミどころというか萎えどころが満載で、そのまりあ姐さんがノリノリでエロ姐さんを演じているものだから、見ていてちょっと痛々しいというか、引いてしまう節もあるのだが、谷口くんはそんなまりあ姐さんの熱演にしっかり勃起で応え、先走りまで出して立派。(もっとも、この先走りも本物かどうかは分からないが。)
素人っぽい初々しさを前面に出した表情も可愛いらしく、彼の魅力が存分に活かされているのではないだろうか。

まずは、「ボディコン」パート。
ここは、階段に全裸でうつ伏せになっている谷口くんのショットからスタート。
エロ女・まりあ姐さんが現れるのを見計らって、全裸で待っていたという設定らしい。
まりあ姐さんはボンデージ風衣装で登場、谷口くんのケツを拡げてアナルを見たり、スパンキングをしたりするのだが、残念ながらまりあ姐さんの目には映っているであろう谷口くんのアナル大アップは視る事ができない。
しかし、男優のバックショット全体をこういう体勢で拝むことはなかなかできないので、いささかの目の保養にはなる。
この後谷口くんは髪の毛を掴まれて踊り場まで引っ張り上げられ、クンニをさせられる・・・じゃなくてさせてもらう。
このシーンで一瞬だが、ケツを突き出したショットが拝める。
まりあ姐さんによるフェラや乳首舐めを挟んで、一応口内射精でフィニッシュなのだが、射精自体は本物かどうか微妙。
ただし、フェラ前からカチンカチンに勃起しているのは賞賛に値する。

続いて「女豹」パート。
ここは「女豹」コスプレに扮したまりあ姐さんが、「私のエロス劇場へようこそ」と言わんばかりにその肉体を4人の男優(谷口くんと桜井くんは含まれるが、あとの二人は不明。)に見せ付ける内容なのだが、いきなりマンコおっ広げで悦に入るまりあ姐さんに谷口くん以外はドン引きな模様。
ここでも谷口くんはしっかり勃起しているのだが、他の3人・・・少なくとも桜井くんはボクブリに手を入れて必死に勃たせようとしているのが見えて不憫。
これは「反応してもらえない」まりあ姐さんも不憫ではあるのだけれど・・・。
谷口くんは「テント張っちゃってかわいい~」などと言われつつ、最後はトランクスを脱がされ射精(?)でフィニッシュ。
これもイッたんだかイッてないのか怪しい。

・・・にしても谷口くんの、少なくともこの作品における勃起力&持続力はすごいなあ。
まりあ姐さんにとっても、特に「女豹」パートでは谷口くんは救世主のような存在だったことだろう。
絡みも桜井くんではなく、谷口くんがまりあ姐さんにリードされるような絡みにした方がよかったかも。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<Hey動画>
●PPV
コスプレ マニアックス
コスプレ マニアックス【English Site】
※本記事で紹介している作品の一部が収録されているようです。

<av9898>
コスプレ マニアックス
※本記事で紹介している作品の一部が収録されているようです。

<Xonair.com>


↓谷口くんの新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

tabuchi2
→拡大画像はこちら

タイトル:OLの社内SEX三態
出演男優:田淵正浩、戸川夏也 他
出演女優:江本友紀 他
収録時間:約45分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■□□□
2000年前後の流出作品か。
「OLの社内SEX」なら当然スーツリーマンと絡むのだろう、という推測のもと衝動買いした作品。
スーツフェチを満足させるようなエロティシズムを求めてノンケ向けAVを購入したところで、経験則的に十中八九「ハズレ」になることは覚悟の上だ。
それでもノンケのスーツプレイを求めてしまう、ゲイの悲しい性。
結局この作品も、「スーツ」という部分を除いてさえも全体的に「ハズレ」だったが、唯一田淵さんパートはコレクション的に残してもいいか、という意味で合格点。

男優にスーツをエロく着こなすことを求めるのはお門違いも甚だしいかもしれないが、「Night Nurses Gone Wild ゴモラの院」のトニーのように、着こなしはともかく、エロアイテムとしてスーツが上手く活用されている作品もあるだけに、折角の「スーツで社内SEX」というシチュエーションが活かしきれていないのはもったいない。

「社内SEX三態」だけあってSEXシーンは3つあり、1つは田淵さんの絡み(今回紹介する部分)、残り2つのうち1つは夏也さんの絡みだったと思うが、もう1つは思い出せない。
ちなみに、この作品の頃の夏也さんはロンゲチリチリパーマで自分的に一番イケてない時の夏也さんのため、「使えない」と判断し消去したのだが、田淵さんパートが終わり、場面が切り替わる部分で映っていたため出演していたことを思い出した。

田淵さんパートを残した理由は、田淵さんが好きなこともあるが、比較的スーツ姿がサマになっていて、かつケツの露出度が高かったから。
この頃の田淵さんは、「3Pファックで狂わせて」の頃に比べると色白になり、ちょっと筋肉に脂肪も付き始めているのだが、これぐらいの体型がスーツスタイルには一番エロい。
顔もスーツが似合う正統派男前だし。
もう少しピチピチのスラックスだったらよりエロくてよかったのだが・・・。

ストーリーは、田淵さんが女優が原因で左遷されることになり、その腹いせに女優をレイプするという意味不明なもの。
一応お互い本気の演技をしているのだが、最中に

田淵さん:「俺には家族や子供がいるんだ!」
女優:「私だって子供がいるのよ!」

みたいなバカバカしいやりとりがあってかなり笑える。

田淵さんのネクタイを緩める仕草、ジャケットを脱ぎ捨てるシーンなどはなかなかエロくてよいのだが、シャツのボタンを外し始めるところで、U首のアンダーシャツが見えてしまって萎え。
素肌に着てくれ~。
それから、フェラに入る前にスラックスを脱ごうとするのだが、ファスナーに手をかけた状態でカメラの外へフレームアウト、戻ってきたと思ったら緑と黒の縦ストライプ、スイカボクブリ。
これも萎え~。
ボクブリはいいけど、無地で黒、グレー、白あたりにしてよ~。
スーツ云々以前に、レイプモノでスイカ柄のボクブリなんて興醒めもいいところ。
あと、フェラさせるなら序盤はファスナーからモノだけ出して・・・、にした方がノンケ的にも興奮すると思うんだけど、なんでいきなりパンツ一丁になっちゃうかな~。

田淵さんパートは15分弱しかないため、フェラの後、簡単なファックで終わってしまう(最後の射精も本物かどうか怪しいぐらい)のだが、ここで田淵さんのツルスベで柔らかそうな尻を存分に拝めるのはありがたい。
しかしフェラからは全裸で、スーツがぞんざいに扱われているのが残念でならない。

↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
OL事情
※本記事で紹介している作品(田淵さんパート)が収録されているようですが、完全版かどうかは不明です。
コスプレ新性活! ハメ比べ三昧 Vol.1
※本記事で紹介している作品の完全版のようです。(大島丈さんの本番もあり)
江本友紀
※本記事で紹介している作品の完全版のようです。(大島丈さんの本番もあり)

<エロイカ>
淫行OLの社内事情
※タイトル、収録時間が異なりますが、完全版のようです。
携帯電話を突っ込むプレイが共通すること、田淵さんと絡んでいる女優さんが一致していることから、ほぼ間違いないと思います。


↓田淵さん(小林政宏さん)の新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

taiga


タイトル:女教師スキャンダル 森田薫
出演男優:太賀麻郎
出演女優:森田薫
収録時間:約40分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■□□□
売れないロッカー風イケメン男優、太賀麻郎さんの出演作品。
顔は正面から見ると沢向要士風、横顔はちょっと西島秀俊風。
優男系で体も細いため(筋肉は付いてはいるのだが、厚みがない)、ゲイ受けは微妙かもしれないが、自分はタイプなので表情のキャプが中心になってしまった。

この作品はかなりオーソドックスな内容で、ストーリー、シチュエーション的エロさはほとんど感じない。
そもそも、「女教師スキャンダル」というタイトルなのに女優が全く女教師っぽくなく、どう見てもお水系なのだ。
90年代半ば頃の流出作品と思われるが、内容を考えずとりあえず適当なタイトルを付けたのだろうか。

冒頭「感じてはいけません」的な太賀さんの女優への指令の後、クンニ、指マン、バイブ攻めと一方的な女優いじりが続く。
女優は必死で感じないよう目を閉じ唇を噛み締める。
この、「感じているのに我慢する」というのも、本当に感じているのかどうかも微妙なため、あまりエロくない。

この後、フェラからファックへ移るが、フェラとファックのシーンが全体の3割程度、というのもゲイ的にはよろしくない。
ただし、ファックシーンで鑑賞できる、太賀さんのユサユサ揺れる大きな玉袋は、他の男優ではなかなか拝むことの出来ない貴重な映像。
腰を動かす度に激しく揺れる玉袋がきっちり捕らえられていてかなりエロい。

特に騎乗位では玉袋が上下するというより金玉が上下していて、こんなに大きいふぐりをイケメン顔の細いカラダにぶら下げているなんて…、と興奮させられる。
玉袋だけでなく、モノの方もなかなか立派。
フェラ前に、下向きにダラリと垂れたモノを鑑賞できるが、これが平常時だとしたらかなりデカい部類。(ただし勃起してもサイズはそれ程変わらない。)

というわけで、ファックシーンでは結構抜きどころがある。
ちなみに太賀さん、冒頭から上はしっかり着込んでいるのに下は黒ビキニ一丁。これもなかなかエロい。

ごくごく普通の作品だが、太賀さん好きor画像を見てタイプと思ったら持っていて損はない作品。
ネット検索すればどこかで手に入るのではないかと。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
森田薫 女教師スキャンダル
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。



↓太賀さんの「昔の裏ビデオ配信」出演作をチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

mickey


タイトル:乱気流 伊藤蘭
出演男優:ミッキー柳井(ヘリコプターマン)
出演女優:伊藤蘭
収録時間:約45分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
覆面マスクを被った男優によるレイプモノの場合、カラダやモノ、プレイがよかったりすると、覆面を脱いで欲しい!という願望が高まる一方、覆面を脱いでがっかりするのはいやだ・・・という不安もよぎる。
覆面を脱いで顔までタイプだったら言うことなしなのだが、そう上手くはいかない。

この作品でマスクを被っている男優は出演男優にも書いてしまっているとおりミッキー。
甲高い声と終盤に出てくる「ヘリコプター」で、マスクを取らなくてもミッキー確定なのだが、それでもマスクを取らないで欲しかった。(イク直前あたりでマスクを外してしまう。)
僅かな希望(もしかしたら別の髪の毛フサフサイケメン男優かもしれない)にすがりながら、この作品を楽しみたかった。

別にミッキーの顔が嫌いなわけではないのだが、髪の毛の薄い男優が苦手なのだ。
しかし、そこさえ目をつぶれば、ミッキーのビルダー体型の締まったカラダはかなり魅力的だし、1990年代前半の流出作品と思われるため、ミッキーも若く、肌もキレイで水をよく弾きそう。
この作品では存分にその肉体美を見せ付けてくれており、抜きどころは沢山ある。

まず、登場時の覆面マスクに黒手袋という出で立ち。
このあたりは覆面フェチ、ラバーフェチにはたまらないのでは。
キッチンに場所を移してのファックシーンでは、シャツを乳首の上あたりまでまくっているショットがあり、逆チラリズム的エロさがある。また、このシーンは胸筋の隆起具合がはっきり分かってこれまたエロい。
この後、リビング~ベッドルームと場所を移してファックは続くのだが、随所でミッ・・・もとい男優のケツがよく拝める。
脂肪ののったムチムチプリプリのケツもいいが、筋肉だけでこれだけ隆起しているケツというのもかなりエロい。

ベッドルームのファックでは横臥位、正常位、バック、騎乗位と様々な体位を披露、さらにシャチホコスタイルからお得意のヘリコプター(半周ぐらいだけど)も披露。
カメラアングルも男優のカラダをよく捕らえている。
あえてケチを付けるなら、照明の明るいベッドルームのシーンで、もう少し男優の上半身が堪能できるカメラアングルが欲しかったかな。

ヘリコプターの後、正常位に戻ったと思ったらいつの間にか覆面マスクを外してしまっていてびっくりするので、ヘリコプターまでに抜いておくのがオススメ。(ミッキー並びにミッキーファンの方すいません。)


↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
乱気流
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

<Sweety Candy>
乱気流
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

<トリプルエックス(旧exotica)>
乱気流
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。



↓ミッキーの新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

sasaki2


タイトル:プラチナ VOL.2 安西咲 ミニスカポリス編
スタジオ:GOLDEN DRAGON
出演男優:笹木良一、一条真斗
出演女優:安西咲
収録時間:約100分
発売日:2003/4/3


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
極薄モザ作品。
笹木さんと一条さんがミニスカポリスコスプレのデリヘル嬢を呼んで、それぞれ1回戦ずつ絡むという内容。
このVOL.2は笹木さんの方に多く時間が割かれているので、笹木さんパートを紹介。

ミニスカポリスのオナニーの後、黒ボクサーブリーフの笹木さんが登場、ミニスカポリスに手錠をかけ乳首舐めや指マンなどの前戯開始。
前に紹介したFlasher「露出狂」と異なり、笹木さん主導のソフトSMみたいな感じで絡みが進んでいくので、低音セクシーヴォイスの囁きがとてもいやらしく響く。
また、明るいベッドルームでの撮影なので、ギャランドゥーを中心に、体毛がつぶさに鑑賞できるのもありがたい。

ファックは正常位~座位~騎乗位~正常位。
挿入時の焦らしプレイもエロいし、騎乗位では玉袋、戸渡りに生えた毛が確認できる。
ラストの正常位では画面上部にアナルを微妙に確認できるが、腰を動かしているためあまり鮮明には見れないのが残念。
それから、ケツ全体をとらえたショットがないのも残念。

しかし、フィニッシュでミニスカポリスのスカート上に射精、というのはかなりポイントが高い。
というのも、このスカートが精液を弾くようなビニール系の素材でしかも色がブルーなため、笹木さんのザーメンがくっきりはっきり見てとれるのだ。
ザーメンフェチにはかなり興奮させられる演出なはずだし、自分のご贔屓男優のザーメンだったら、女優の顔や体に出されてよく見えない状態になるより、こういう風に鑑賞させてもらえると嬉しいはず。

全体的に笹木さんのエロフェロモンムンムンでお勧めではあるのだが、ここが抜きどころ!
というのが自分的に見当たらないのでおすすめ度は3。
しかし笹木さんファンなら観賞用として持っておきたい作品。

なお、一条さんのファックも20分ほどあるが、短いながらも立ちバックでケツ、玉袋を後ろ側から抑えていたりとなかなかいい内容。
射精する場所もフェティッシュなので、笹木さんパートより実用的かもしれない。


↓動画を観たい方は、こちらから
<XVN(旧99bb)>
●PPV
プラチナ Part1
※笹木さん出演部分のうち、フェラからファック、射精までのシーン(本記事画像の下段部分)が見られるようです。
プラチナ Part2
※一条さんの絡み部分が全て収録されているようです。

●月額見放題
プラチナ Part1
※笹木さん出演部分のうち、フェラからファック、射精までのシーン(本記事画像の下段部分)が見られるようです。
プラチナ Part2
※一条さんの絡み部分が全て収録されているようです。



↓笹木さんの新作はここからチェック!



↓笹木さんの「昔の裏ビデオ配信」出演作をチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

kando


タイトル:感度抜群女子高生
出演男優:不明
出演女優:不明
収録時間:約40分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
ネットでタイトル検索かけても引っ掛からないぐらいなので、マイナーな作品なのだろう。
おそらく2000年前後の裏モノ。

このメガネ男優さん、他の作品でも何度か観ているのだが、がっちり筋肉質なカラダに脂肪が適度にのり、エロフェロモンをムンムンふりまいていて、何本でも観たいと思わせるタイプの男優さん。
ちょっとおっさん風な風貌と、脱いでからの逞しくエロいカラダのギャップに萌える、というのもあるのかもしれない。

この作品は、なんといっても「紫のビキニ」を穿いているのがポイント高い。
女優に目隠しをしてプレイをするのだが、フェラに入る前に紫のビキニを脱ぎ、「おちんちんどこにあるか探してごらん?」みたいなことを言いながら平常時のチンポをブラブラさせるシーンは平常時フェチにはたまらない。

フェラの後、69を経てファック。
ファックは正常位~騎乗位~バック~正常位だが、それぞれの体位の中でも少しずつ体勢を変化させるため、見応えがあるし、これはいやらしい!と感じさせるショットも度々登場する。
体育会系高速ファックで突きまくる部分が多いのも特徴的。
ねっとりしたファックもエロいが、こういうのも力強く動く男の筋肉が堪能できるという意味で魅力的だ。
結合部のアップが多いため、アナル、たわわにゆれる玉袋もしっかり鑑賞できる。

ケツ全景が拝めるショットは残念ながらないのだが、それがなくてもケツの隆起具合がよく分かり、
この男優さんのケツは「筋肉の塊」タイプの絶品であることは間違いない。
太もも、脚の筋肉の付き具合もいい。
体毛の生え具合も濃すぎず薄すぎず、腋毛や脛毛も存分に堪能でき体毛フェチも満足できるだろう。

全体的に抜きどころの多い作品でおすすめ。
それも男優さんによるところが多いのだが、男優さんの名前が分からない。
(ちょっとヤマガタさんっぽくもあるが、モノの形状が違う気がする。)
ご存知の方がいたらコメントで教えていただけると嬉しいです。
・・・といってもこのキャプ画では顔がよく分からないので、また別作品を紹介するときにもう少し分かるものを載せます。

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

ichijo


タイトル:僕の彼女は淫乱スレンダー
出演男優:一条真斗
出演女優:不明
収録時間:約50分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
おそらく2000年前後の裏流出作品。
「僕の彼女は・・・」なんてタイトルなのに、いきなり女優に一条さんが名前やら年齢やらを質問するシーンからスタートするあたり、いかにも適当に裏用のタイトルを付けました感が漂っている。

ドラゴンレディースなんかに出てた頃(デビュー当時?)はガリガリだった一条さんも、この頃の作品ではケツにも肉がついてすっかり成熟したエロいカラダに。
確立された感のあるプレイスタイルもかなりゲイにありがたい仕様で、何本観ても不思議と飽きない。

この作品ではまず、プレイに入る前の服装が「ジャージ」というのがポイント高い。
コスプレでもなんでもなく私服なのだろうが、スーツをダサく着られるぐらいなら無造作なジャージ姿の方がよっぽどそそる。
ジャージの下だけずり降ろすシーンなんかがあれば最高だったのだが、残念ながらジャージを脱ぐシーンは収められていない。

構成は女優への指マン・クンニ・バイブ攻め~フェラ(69もあったかな?)~本番というごくごくスタンダードなものだが、単調になりがちなフェラシーンも、仰向けに寝そべり、女優の脚の上にケツを乗せて咥えさせたり、よりエロく観えるよう工夫されている。
ファックは騎乗位、正常位、バック、ワンワンスタイル立ちバック、横臥位、座位とバリエーション豊富。
さすがに1対1の絡みでファックシーンに30分近く割かれると長く感じてしまうが、正常位、立ちバックのカメラアングルはかなりエロく、ヌキどころ。
正常位ではアナルがきっちり拝めるし、立ちバックでは、プリプリ揺れるケツと垣間見える玉袋がたまらない。

ラストは顔射してフィニッシュだが、女優は顔射後の一条さんの優しい要求「舌出してごらん」を完全無視。
こんなんでも満額ギャラもらってんだろうと思うと腹立つ~。

余談になるが、この女優、パイパンにしてカミソリ負けでもしたのかなんなのか、万個にブツブツみたいなのが出来ててキモい。
そもそも、パイパンというだけでゲイには拷問だ。
(毛が生えていれば、うっかり万個を見てしまっても隠れている部分が多く助けられるのだが、パイパンだと逃げ道がない。)
普段から万個は出来るだけ直視しないようにしているのだが、油断しているとうっかり目に入ってしまう。

そんな汚い万個を一条さんはクンニしてやってるっていうのに、この万個女優ときたら・・・。
せめて、「いや、恥ずかしい!」ぐらいカマトトぶってザーメン舐め要求をかわすぐらいの配慮は出来なかったのか。
一条さんに余りにも失礼。
この女優の万個の汚さと高慢さ、無礼ささえ邪魔にならなければおすすめ度4なのだが。
惜しい。


↓一条さんの新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

natsuya


タイトル:Nasty Asian Nurses
スタジオ:サムライ
出演男優:望月未来、戸川夏也、剣崎進、ミッキー柳井(ヘリコプターマン)、チョコボール向井、ロッキー石橋、樹かず、桜木駿
出演女優:不明
収録時間:約90分
発売日:1998/5


ゲイ的おすすめ度 ■■■■■
ゲイのAV男優ウォッチャーでこの人を知らなきゃもぐりでしょ、ってぐらい有名かつ人気のある男優・戸川夏也さん。
10年近く前の作品「Nasty Asian Nurses」だが、自分はこの頃の夏也さんに一番萌えていた。
(その後出演作品が増えすぎて飽きてきた、というのもあるのだが。)

この作品は、ドクター夏也とナースとのガチンコファックで始まりガチンコファックで終わるという意味で、主演男優は実質夏也さんであると言っていい。(キャスト紹介のOP&EDでは望月未来さんがトップクレジットになっているが。)

オープニングはCTスキャン室でのファック。
CTスキャンの調子をチェックしているドクター夏也のもとにエロナースが登場。
「私も診察してください」というベタな台詞でSEX開始。
ドクター夏也、白衣があまり似合っておらず、おまけに脱ぎ捨てるシーンもばっさりカットでコスプレ的エロスは皆無に等しいのだが、露わになったダイナマイト・バディーから放出される、野性味溢れるエロスは凄まじい。
厚い胸板に焼けた肌、逞しい腕、そしてなんといっても「男」を感じさせる体毛。
ギャランドゥーや陰毛はもちろんなのだが、「腕毛」が特にセクシー。
(残念ながら今回、「腕毛」を上手くキャプれるシーンがなかったが。)
この頃はまだ表情に幼さが残っているため、成熟したカラダとのギャップがまたたまらない。

プレイはパイ舐めから始まり女優の体全体を愛撫、万個を開いて息を吹きかけるシーンもエロい(ただし万個はグロ注意)し、湿っぽいセクシーヴォイスでの言葉攻めもエロい。
この後、女優に乳首を舐めさせるのも夏也さん作品ではそう珍しくないのだが、アップで乳首が鮮明に拝めるものはなかなかないので有難い。

本番は正常位~バック~女優のケツに発射で終了。
正常位ではアナル、戸渡り、女優のケツにピッタンペッタンぶつかるふぐりが鮮明に確認できるし、
バックでは下からのカメラアングルがエロイ。
ラストの手術室でのファックでもそうなのだが、ソックスだけ穿いたまま、というのもそそる。
(ただし、穿き方がだらしない上にちょっとくたびれ感のあるソックスなのがリーマンソックスフェチとしてはもう一歩。)

手術室でのファックは、冒頭から夏也先生は全裸(ソックスは穿いている)で、フェラシーンからスタート。
かなり激しめのバックの突きではチンポを出し入れするたびにパコパコ音が聞こえてくる。
この後正常位に移り、胸に発射で完了。
射精後女優にチンポをしごかせるのだが、この時の声もエロい。
このシーンは全体に画面が暗めなのだが、結合部には強くライトを当てており、やはりアナル~戸渡り~ふぐりが鮮明に確認できる。
しかし、これだけ体毛の濃い夏也さんなのに、アナル~戸渡りには毛が確認できない。
剃っているのだとしたら非常に残念。

ラスト夏也さんの全裸バックショット・ケツアップで「TO BE CONTINUED」というのもゲイには嬉しすぎる演出。

まだ「ベテラン感」が薄い頃の夏也さんの、「余裕」よりも「懸命さ」が伝わってくる熱い作品。
オススメです。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<Xmember.com>
病院へ行こう
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。



↓夏也さんの新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

nan


タイトル:Nasty Asian Nurses
スタジオ:サムライ
出演男優:望月未来、戸川夏也、剣崎進、ミッキー柳井(ヘリコプターマン)、チョコボール向井、ロッキー石橋、樹かず、桜木駿
出演女優:不明
収録時間:約90分
発売日:1998/5


ゲイ的おすすめ度 ■■■■■
キャストとして出演男優がしっかり紹介されているというだけでも賞賛に値する作品。
今では大御所、あるいはほとんど見かけなくなってしまった男優さんも出演しているが、
当時の「オールスターズ」が集結したといって過言ではないだろう。
もちろん、サムライ作品だけあってカメラアングルも内容もエロ度満点。
病院のセット(?)もしっかりしている。
女優の後乗せサクサク方式の喘ぎ声は相変わらずいただけないけれど・・・。

これだけの男優さんが出演していると、すべての男優さんのシーンを画像付きで紹介するのは難しいので、後日別記事で比較的出演時間の長い望月さん、夏也さんのシーンを紹介する予定。

ちなみに、全体的な内容は以下のような感じ。

①ドクター(戸川夏也)とナースがCTスキャン上でファック(15分程度)
②包帯まみれの患者(樹かず)をナースがフェラ&騎乗位ファック(偽射精)(5分程度)
③ビアンプレイ(10分程度)
④手術室でドクター(望月未来、桜木駿)とナース2人の4P(10分程度)
⑤ザーメン収拾が趣味(?)の女医による患者3人(ロッキー石橋、チョコボール向井、ミッキー柳井(ヘリコプターマン))のフェラ診察(10分程度)
⑥屋上裏でドクター(剣崎進)と女医のファック、途中から患者(望月未来、二役?w)も加わって3Pに(15分程度)
⑦看護婦のオナニー(5分程度)
⑧手術室でドクター(戸川夏也)と看護婦のファック(5分程度)

特に手術室でのファックがエロい。
サムライ作品の中でも、トータルでおすすめできる一本。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<Xmember.com>
病院へ行こう
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
ミダレテゲットママサン
※本記事で紹介している作品のうち、④のパート(手術室での4P)が収録されているようです。



↓各男優さんの新作はここからチェック!(掲載されてない方もいます)

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

oral


タイトル:オーラル乱交
出演男優:不明
出演女優:池上レオナ、成瀬るみ
収録時間:約50分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
最後の乱交に出てくる男優さん(黒いソファー上のプレイで、色が比較的白い方)がかな~りタイプなのだが、お名前が分からない。
ご存知の方がいたらコメントで教えていただけると嬉しいです。

おそらく90年代前半頃の裏流出作品。
作品の2/3ぐらいまでフェラのみで射精というシーンが中心、登場する男優陣もあまりパッとせず、これはハズレかな・・・と思っていたところに、ビジュアルもプレイもいい感じの男優さんが登場で大興奮のヌキまくり。
涼しげな顔立ちで女優を「適当に」(←ここがポイント。女優のベタな喘ぎ声などに興奮する様子が微塵も感じられないところがいい。)いじり倒し、フェラのシーンではカメラを気遣い肉棒を握る女優の手を振り払うなど、仕事に徹し手慣れた様子。(あるいは、露出狂orナルシストの気があるのかもしれない。)

この作品の一番のハイライトは、この男優さんがソファーの上によじ登り、女優の顔の上からチンポを口に出し入れするシーン。
途中女優が苦しくなるとチンポが口から抜け、ぶらぶら揺れるシーンは平常時フェチにはたまらない。(といっても半勃起状態ぐらいにはなっているのだが。)
その大きさ、色、形、陰毛の生え具合、どれをとっても素晴らしく、どのAV男優のチンポが一番好き?
と聞かれたらまずこの男優さんのチンポを思い浮かべてしまうほどだ。
ほどよく筋肉質なカラダでそれ程日焼けもしていないため、対比で赤黒くふてぶてしいチンポが余計に際立つ。

先述のようにプレイは比較的淡白で、適当に腰振って射精して終わり、という感じなのだが、前を隠したり一度脱いだ下着を穿き直したりする男優が多い中、脱いだら脱ぎっぱなし、ぶらぶらさせっぱなし、どこを写されても気にしない男らしさがたまらない。

というわけで作品そのもののおすすめ度というより男優のおすすめ度みたいになってしまったが、名前が分からないため他の作品を集めたくても集めようがないのが辛いところ。

ちなみにこの「オーラル乱交」という作品は割りと復刻されてるのを目にするので、画像を見て男優さんが気に入った方は検索してみてください。

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

kenken


タイトル:女教師集団レイプ
出演男優:島袋浩、剣崎進、田淵正浩(小林政宏)
出演女優:江本友紀 他
収録時間:約60分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
本格的なレイプものを目指した作品なんだろうけど、男優3人の学ランコスプレに笑わずにはいられない。
それでも、今見返すと3人とも若いなあ・・・。
(多分これは10年前くらいの流出作品。)

ちなみに、レイプものといっても女優を騙して・・・みたいに極悪非道なやつじゃなくて、男優も女優も「好演」してるレイプものなので、引くことなくエロ目線で楽しむことができる。

まずはケンケンと剣崎さんが夜の職員室(?)で女教師を二人がかりでレイプ。
ここはケンケンの威嚇演技と女優の泣き叫ぶ演技がかなり本気度高し。
レイプものが好きな人は満足できるのでは。
自分が一番抜けるシーンは、ケンケンが女優の顔の上から便所座りで強制フェラさせるところ。
暗いこともあってアナルや玉毛などはあまりはっきり見えないのだが、このシチュエーションに萌える。
マラビンタも不謹慎だがうらやましい。

後半は場所を保健室(?)に移して2回戦。
ここで田淵さんがいじめられっ子の役で登場。
オーバーな演技が笑える。
田淵さんは女教師にフェラされるところを写真に撮られて退場、引き続きケンケンメインで女優を縛ったりするのだが、前半に比べると女教師も慣れてきたのか疲れたのか(?)、あまり抵抗する様子もなく「いつのまにか感じちゃった」風な演技に。
保健室でのシーンは照明も明るいのでケンケンの裏玉やエロい胸毛などたっぷりと拝めます。

ケンケン出演作品は数が多過ぎて、群を抜いてこれ!というのがない(どれもそれなりに楽しめる)のだが、これはシチュエーション・エロ度が高く、自分の中では結構上位に入る作品。

↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
江本友紀 女教師集団レイプ
※本記事で紹介している作品の前半部分(夜の職員室でのレイプ)が収録されているようです。
江本友紀 女教師集団レイプ2
※本記事で紹介している作品の後半部分(保健室(?)でのレイプ)が収録されているようです。



↓ケンケン(島袋さん)の新作はここからチェック!

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト