ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。

新!男塾!!
hattori_hitomi

タイトル:瞳りん東熱流真正中出し
出演男優:服部義、武田大樹、桜木駿 他 
出演女優:瞳りん
収録時間:約85分
発売日:2011/9/23


ゲイ的おすすめ度 ■□□□□
服部くんのグラサン姿がカッコいいので食いついてはみたものの、想定外に凌辱作品としての完成度が高過ぎてドン引き。
特に中盤、女優さんの怯える姿がリアル過ぎて見ていられない。(見たが。)

女優さんを肉便器扱いする東熱作品の真骨頂なのかもしれないが、個人的にはバカバカしさ、くだらなさが根底にないとエロ作品として楽しめない。

駿くん、服部くんの3Pパート(本番は駿くんのみ)に約30分、服部くん、武田くん他の4Pパートに約40分、マングリ返し連続射精に約10分という構成。

まずは3Pパート、雑誌の撮影と聞いてきた女優さんが登場、いきなりカメラマン役の駿くんと服部くんに触られ、抵抗を見せる。
このあたりは演技上手な女優さんなのかな、と思わせるフシもある。

服部くんの悪~い感じはいいが、駿くんの声が終始デカくちょっとうるさい。
女優攻めに10分程度の後、駿くんのフェラに2分程度、服部くんのフェラに1分程度、さらにWフェラに1分程度。

ファックは駿くんのみで10分強。
服部くんはカメラ撮影を全裸でしながら途中フェラをさせたりしているので、服部くんウォッチに悪くはない。
中出し後、女優さんの目から涙がこぼれており、服部くんが一瞬優しい感じになるものの、すぐさまスパンキングをしながら次の場所に連れていく。

4Pパートは服部くんが売り手、武田くんともう一人の男優が買い手という設定で女優さんを商品にしたオークション的なことが行われる。
冒頭、女優さんに白い布がかけられており、これもギャグテイストな流れで来ていれば一笑に付すところだが、序盤の流れから残酷さだけが漂う。

男優さん同士のやりとりと女優攻めに20分程度だが、ここがとにかくきつい。
詳細は省略。

間髪入れず男優3人による輪姦20分強、売り手の服部くんが一緒にハメているのはこれ如何に、とちょっと平静を取り戻す。
ファック時間は3人ほぼ平等。

服部くんの体位は正常位、片膝立ち正常位、横臥位、騎乗位。
正常位で女優さんの手を乳首付近に持ってくると、しっかり刺激しているので意外と大丈夫なのかもしれない。
正常位はケツ全景がやや横から映って男優ケツ側から結合部接写、門渡り、裏玉などよく拝めるがアナルは厳しい。
片膝上げの正常位でも接写で裏スジ○、横から引きのショットで肉感の伝わるケツ全景あり。

横臥位は脚のエロさがよく伝わり、騎乗位は裏スジ○。
フィニッシュは正常位で、一発外に射精してから中出し、本物。

ちなみに武田くんのファックもバックで上からケツ全景ショットあり、フィニッシュは手放し射精外出し+中出し。

グラサン服部くんはかっこいいし、ファック時のケツ含めアングル的にもまあ満足なのだが、ここ最近おふざけを排除した東熱凌辱作品に当たっていなかったので、ショックが大きくとても抜き用には使えない。

ただし、東熱に求めでいるのがなあなあな凌辱モノ、おふざけ凌辱モノではなく、徹底した凌辱モノ、という方には傑作なのかもしれない。
つまり好き嫌いがはっきり分かれる作品で、女優さんが徹底的にいたぶられるのが好きな方(そんなゲイはいるのだろうか)には服部くん鑑賞用としてもおすすめ出来る。

しかし、それ以外のゲイの方には服部くんのグラサン姿がイケてるという点ぐらいしかプッシュするポイントがなく、内容的なエグさがマイナスでおすすめ度は超久々の1。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<東京熱(TOKYO-HOT.COM)>
瞳りん東熱流真正中出し
※本記事で紹介している作品です。(無料サンプル動画あり)

<東京熱(MY.TOKYO-HOT.COM)>(DRMなし)
瞳りん東熱流真正中出し
※本記事で紹介している作品です。(無料サンプル動画あり)

<TVdeAV>
●PPV
瞳りん東熱流真正中出し
※本記事で紹介している作品です。(無料サンプル動画あり)



↓服部くんの新作はここからチェック!




↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

oshima_fumei
→拡大画像はこちら

タイトル:タイトル不明作品
出演男優:大島丈
出演女優:不明
収録時間:約20分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
母親(義母?)のオナニーを見ていた息子(大島さん)が義母を犯す、というシチュエーションモノ。
大島さんのビジュアルを見るに、好青年キャラからエロフェロモンムンムンキャラへの過渡期の頃、1990年代後半あたりの作品だろうか。

冒頭、義母の着衣オナに2分弱。
そこへ大島さん登場、オラオラ口調で終始突っ走り、そこらへんの役者よりよっぽどリアルに演じており、プロ男優の力量を見せつけている。

女優攻めは8分弱で、一応序盤女優さんは抵抗する(義理の息子なので)が、口では拒否しても体は正直、みたいな流れを大島さんが上手く引き出す。
大島さんは「男が欲しかったんだろ」「もっと言え」「欲しいんだろ?」などゲイ的琴線を刺激するオラオラの言葉責め・質問攻めを繰り出しているが、物理的に乱暴なことは全くと言っていいほどしておらず、せいぜいストッキングを破く程度。

続くフェラは体勢的に非常にエロいもの。
まずは女優さんの顔の上に前向きに跨り、上からマラを口の中に挿入する。
このフェラに入る際、ケツ全景をカメラに見せてくれているのが嬉しい。

続いて逆69のような体勢になり、上からケツ全景+裏マラ、玉が拝めるエロショットが入る。
フェラは3分弱。

ファックはゴム姦で5分弱、体位は立ちバック、バック、正常位。
最初の挿入時、あまりはっきりと挿入されている様子が確認できないが、バックで横から結合部接写があり、本物と分かる。

正常位は特に結合部が明確に確認出来る。

ケツアングルは充実、立ちバックで柔らかそうながらもキュッと上がったムチケツ全景がやや横から捉えられ、ラストの正常位でもやや横からになるが、筋肉感も伝わるケツ全景がよく捉えられている。
がむしゃらに突くだけではなく、ゆっくりとしたエロい腰遣いもよく分かる。
ただし、ケツと揺れ玉、抜き差しペニスのセットはなし。

フィニッシュは胸に射精でしっかり鈴口から出ているのが分かり、本物。

AVではありふれた設定だが、オラオラノリがエロく流れもよく、ラストに向かって女優さんも本気で絶頂を迎えるような感じで盛り上がり、コンパクトながら完成度の高い秀作。
高画質化・長時間化ばかりが売りとなってしまいがちな近年の作品に一石を投じる作品と言っても過言ではないだろう。

視覚的にもケツアングル充実、エロフェラありで満足度高いが、結合部接写が弱いのが残念。
これで揺れる裏玉ショットやアナルヒダレベルショットが入ればほぼ完璧なのだが・・・。
まあこれは、昔の裏ビデオだからこそ、ということで納得できる範囲。

おすすめ度は当然4をクリア。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
タイトル不明作品
※本記事で紹介している作品です。



↓大島さんの新作はここからチェック!



↓大島さんの「昔の裏ビデオ配信」出演作はここからチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト


↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング



HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

ittetsu_aika
→拡大画像はこちら

タイトル:CATWALK POISON 50
出演男優:鈴木一徹、沢木和也、小田切ジュン 他
出演女優:AIKA
収録時間:約120分
発売日:2011/9/15


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
一徹くんの2P(約45分)、小田切くん・沢木さんの3P(35分弱)をメインに、フェラ抜きや女優攻めも収録した作品。
ここでは一徹くんの2Pパートを紹介。

冒頭は女優さんのイメージからオナニーに15分弱で、一徹くんの2Pは実質30分程度なのだが、オナニーの途中でチンポを見せ付けに登場する。
このチンポ見せ付けプレイはオナニーをする女優さんの目の前で行われ、女優さんはチンポに触れることもしゃぶることもせず見つめているだけ。
女優さんへの「おあずけ」プレイなのか、男優さんが女優さんのオナニーを見てシコっているプレイなのか、一徹くんの抑え過ぎた発声がよく聞き取れず、分かり辛い。

まあ、女優さんのオナニーに勃起チンポだけフレームインさせるということは、「おあずけ」プレイ、またはオナニーのおかず用としてのチンポなのだろう。
半勃起皮被りの状態から手コキで勃起させ、しばらシゴき続けるが、この間カメラは割と長くチンポをアップで撮ってくれており、なかなか貴重なショットではある。

一旦フレームアウトした後、ボクブリ1枚で登場して本格的に2P開始。
女優攻めに10分強、営業スマイルは全くと言っていいほどなく、淡々とプレイを支配し女優さんをイカせることに徹底している感じ。

フェラは5分強で立ち膝と仰向け状態の2ポジション。
立ち膝フェラでは横から割れ目が確認出来るレベルでケツ全景が短い時間だが映る。
個人的に、女優さんの舌にピアスが付いているのがおぞましく、ドン引き。

途中女優さんの頭を押さえつけてイラマ的なことをやったりしているが、優し過ぎて中途半端。
玉舐め玉吸いもちょっとあり。

ファックは10分強で、体位は騎乗位、背面騎乗位、立ちバック、バック、正常位。
生姦。

地下倉庫風のセットで女優さんの喘ぎ声が反響し、アングラ感、非現実感が漂うのはよい。
ちなみに一徹くんも割と喘ぎ声を漏らしている。

背面騎乗位は下からの突き上げで裏スジが強調される接写があるのは嬉しいが、騎乗位系の時間が長過ぎる。(ファックの約半分を騎乗位・背面騎乗位が占める。)
そうなるとどうしても女優さんの体がフォーカスされ、ゲイ的にはつまらない。

立ちバックでは男優ケツ側アングルが入り、ケツ全景が映った後、一徹くんが片脚をソファーに乗せると結合部接写となり、裏玉~アナル位置推測レベルが捉えられる。
再度引きでケツが8割程度映る。
一徹くんのケツは適度にむっちり感もありエロい。この撮影時はやや尻肌が荒れている。

バックでは激しい突きをしたり、動きを止めて女優さんに腰を動かさせたりと、メリハリが効いている。
これはラストの正常位も同様。

フィニッシュは中出しだが、本物かどうか不明。
中出し後の即尺までに時間があり、しかも編集点が入っているので即尺前に軽くチンポを洗ったのだろうか。(それでは即尺にならないが。)

全体的に過剰なソフトタッチは控えめ、地下倉庫風のセットで雑音が入らず、ひたすらセックスに溺れる・・・、という感じはよく出ている。
しかし、このシチュエーションならもうちょっとハードな内容、あるいは突き離すような冷淡な内容でもよかったのでは、という欲が出るし、最初のチンポ見せ付けプレイも貴重で有難いが、もう少し女優さんを欲情させるべく挑発的に振る舞った方が効果的だったと思う。

アングルに関してはケツ全景も映るし、顔・上半身もよく映っている方だろう。

おすすめ度はゲイ心をくすぐる序盤の手コキチンポアップを配慮して4を付けたいところだが、そんなフェティッシュなプレイが盛り込まれているのだから、もっと内容的なエロ密度を上げて欲しかった、という残念感もあるため厳し目に3。

ちなみに小田切くんと沢木さんの3Pパートはオラオラ系、小田切くんのオラオラセックスは久しぶりで嬉しい。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<一本道>
ハミ乳娘の初めての中出し
※本記事で紹介しているパート(一徹くんの2P)が収録されているようです。

<Hey動画>
●PPV
AIKA - ギャルセックスin Tokyo_One
※本記事で紹介しているパート(一徹くんの2P)と、フェラ抜きパートが収録されているようです。
AIKA - ギャルセックスin Tokyo_Two
※本記事では紹介を簡略化したパート(小田切くんと沢木さんの3Pパート)と、女優攻めパートが収録されているようです。



↓一徹くんの新作はここからチェック!



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

kondo_mera
→拡大画像はこちら

タイトル:私、純粋そうに見えるんですけどくわえると凄いんです
出演男優:近藤くん
出演女優:メラニー
収録時間:約35分
発売日:2011/7/12


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
学校をサボッて緑豊かな公園で読書する少女、そこに何気なく現れる近藤くん・・・。
こういった古き良き時代の少女漫画を思わせるドラマ性のある演出、嫌いではない。

日本語の分からない金髪女性を相手にセックスする場合、どうしても単調になりがちなので、こういったアプローチでバリエーションを持たせるのも面白いと思う。

公園でのトークパートに3分程度、簡単に部屋に連れ込むことに成功し、気が付けばカメラ前のベッドに座っている二人。
冒頭の演出をあっという間に破壊するチープさもご愛嬌。

ここから5分程度近藤くんが女性にインタビュー。
この近藤くんの英語+日本語インタビュー、最初からヤルことは決まっていたにせよ、近藤くんのリアクション含め冒頭の少女漫画の世界を踏襲している感があってよい。

この女性は彼氏としかセックスしたことがない
→じゃあセックスだけの関係はだめなのか~、とあきらめ気味の近藤くん
→あなたをボーイフレンド(彼氏)にしたい、と言う女性
→え?それって・・・セックスしていいの?と、はしゃぐ近藤くん
という流れでセックスすることになる。

簡単な英語で会話しているので、英語で聴いた方がより臨場感があって楽しめると思う。

他にビアン体験のインタビューもあるが、ここは興味があれば。

女優攻めに2分程度の後、寝フェラに5~6分。
かなり鮮明にチンポアップありだが、アングルは単調・・・というより安定しない。
ここの動画は往々にしてカメラマンが素人っぽく、なんかカタカタ音を立てるし、ぐるぐる無駄に回るしで微妙ではあるが、逆にそのおかげで近藤くんのケツや顔もよく映る。
手作り感のある温かい作品、ということにしておこう。

寝フェラの流れで69に3分程度。
近藤くんのペニスに女性がピンクのゴムを付け、一気に背面騎乗位挿入になだれ込む。

ファックは15分強で、体位は他に騎乗位、横臥位、女性が横向きに寝る変則体位、バック、正常位。
近藤くんは「気持ちいい?」「すげえ締まる」など日本語・英語で女優さん向けと鑑賞者向けに適度に言葉を発し、退屈させないように努めている。

既述のとおり素人感たっぷりのカメラワークのおかげで、近藤くんのケツアングル充実。
バックではケツ側にカメラが回って何故か最初に裏玉フォーカスの接写。
そこから引きでケツ全景。
ここはそれ程長くはない。

正常位は何度もケツショットが登場。
ケツ全景+揺れる裏玉ショットの他、少し横からのケツ全景ショットでエロい腰遣いも堪能出来る。
ケツの筋肉感もよく伝わってきてよい。
アナルはヒダレベルには届かないが、位置レベル、周辺の毛は確認出来る。

フィニッシュは口内射精のつもりだったようだが、タイミングが上手く合わず、さらにカメラマンの素人感が悪い方に出てしまい、結構な量を発射しているのに実際に射精が確認出来るのは2ドピュ程度。
ただし、吐息交じり的な「アッ・・・」というイキ声を発しているのは好評価。

女優さんの口、顎、胸元だけでなく、近藤くん自身の腕にもザーメンがかかったようで、女優さんに腕を舐めさせているのだが、これがよく見えないのも非常に残念。(こっちはどちらかというと近藤くんの見せ方の問題。)

チンポしゃぶりを済ますと、女優さんがすぐにカメラに向かって手を振り「バイバイ」発言。
これはさすがに興冷め。
もう少し、余韻を楽しませて欲しかった。

セックスに関しては、一応段取りは近藤くんが指示しているものの、この女性はかなり積極的なため、女優攻めパートが短くゲイ的には嬉しい時間配分なのではないかと思う。

所々残念な部分はあるものの、序盤のやりとりでの近藤くんのかわいいリアクション+ケツアングルの充実で、おすすめ度は4に届く。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<金8天国>
私、純粋そうに見えるんですけどくわえると凄いんです
※本記事で紹介している作品です。



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

taniguchi_wchijo
→拡大画像はこちら

タイトル:夜道で男を連行するW痴女 第一話・第二話
出演男優:谷口あつし(田仁正也) 他
出演女優:姿麗子、北川弓香
収録時間:約25分(第一話)、約35分(第二話)
発売日:2011/8/6(第一話)、8/9(第二話)


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
第一話・第二話続きモノのため、まとめて紹介。

谷口くんが配達中に痴女二人に拉致され、性奴隷としていたぶられるというドラマ仕立ての作品。
作品中谷口くんが使っている電話がPHSのようにも見えるため、割と若い頃の作品なのかもしれない。

第一話・第二話とも冒頭2分はダイジェスト。

まず第一話。
夜道でW痴女に谷口くんがつかまり、「坊や」呼ばわりされ顔やら髪の毛やらをいいように触られまくる。
このW痴女におびえる演技が谷口くんのかわいいビジュアルにハマっていてなかなかリアル。

すぐさま部屋に連行され、手を縛られてヒールで股間を服の上から踏まれたり、ビアンプレイを見せつけられたり、カラダを触られたり爪を立てられたり、挙句の果てには張りがたを咥えさせられたりとW痴女にいいように虐められる谷口くんだが、虐められているというより可愛がられている、という表現の方が近いか。

W痴女の過剰なまでの高飛車オホホホ演技はプロの貫録さえ感じさせるし、虐められる谷口くんの演技も、素直な反応含めよく噛みあっている。
このW痴女による責めでゲイ的に見所なのは、我慢汁を女優さんが指で糸引きし、見せてくれるところ。
ちょっとカメラから遠いが、鈴口周辺が濡れているのがはっきり分かるし、もちろん糸を引く様子もはっきり分かる。
指に着いた汁を谷口くんの鼻に擦りつけるというおまけ付き。

他、ちょっと笑える唐突なビンタ(ソフト)、顔面騎乗など一通りの男優攻めに10分弱。

フェラに1分程度から、ゴム挿入へ。
第一話は谷口くんのファックのみで、10分程度。
体位は騎乗位、対面座位、バック。
途中痴女によるWフェラ、交互フェラあり。

対面座位で割れた腹筋などは見えるが、本格的に上半身が確認出来るのはバックから。
スジ筋のいいカラダだが、雰囲気を出すためなのか全体的に照明が暗めなのが残念。

ファック中に社長から電話があり、その社長が終盤登場。
1分程度フェラされた後、谷口くんペアを残して2階へ。

続いて第二話。
最初の3分は社長のフェラ~ハメ。

谷口くんペアが2階へ合流するが、この際谷口くんは猿轡(ボールギャグ)に手枷、チェーンを付けられており、完全にペット状態。
谷口くんのファックは7分程度で、体位は騎乗位、バック、正常位。

ほとんど社長さんペアと並んでファックだが、バックで谷口くんのケツ側アングルが短いが入り、ケツ全景と裏玉が捉えられている。
他、正常位では上半身の筋肉質なカラダがよく捉えられている。
フィニッシュは女優さんの胸に射精、亀頭に皮を被せた手コキ発射だが、まず本物。

社長さんがそこからさらに8分程度ファックを続け、一応このドラマパートは終了。
残り15分は女優さんのセクシーポーズからぶっかけで、ゲイ的には不要なパート。

谷口くんの「可愛い年下キャラ」がよく活かされた作品で、W痴女の演じっぷりもレベルが高く、ドラマモノとして良作。
特に、男優さんが痴女に責められる作品が好きな人にはおいしい作品なのではないかと思う。

難点というか、個人的に不要なのが社長。
この社長は痴女に弄ばれるポジションではなく痴女を大人のテクでイカせる的なポジションなのだが、男優さんに興味がないことも手伝って、谷口くん鑑賞の邪魔にしか感じられない。
この男優さんの方がケツ側アングルが充実している、というのも不満度を上げる。
しかしこの男優さんも好きな方にはそれ程問題ないだろう。

全体的に画面が暗く感じられるところが多いが、演出と割り切れるレベル。
谷口くん目当てで見た場合の内容的な質の高さを尊重して、おすすめ度は4。

射精まで見たければ第二話まで必要だが、谷口くんがいたぶられる様は第一話の方に凝縮されている。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<熟女倶楽部(旧 人妻クラブ)>
夜道で男を連行するW痴女 第一話
※本記事で紹介している作品の第一話です。
夜道で男を連行するW痴女 第二話
※本記事で紹介している作品の第二話です。



↓谷口くん(田仁くん)の新作はここからチェック!
50音検索 男優リスト


↓谷口くん(田仁くん)の「昔の裏ビデオ配信」出演作はここからチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト


↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

hayato_yamamoto
→拡大画像はこちら

タイトル:ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見 ~ホテルHと自宅Hどっちが好き?~
出演男優:HAYATO(仮)
出演女優:山本リサ
収録時間:約55分
発売日:2011/10/1


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
ハヤトくんのハメ撮りモノ。

久しぶりに会う素人女性の部屋でハメる、という内容だが、二人の関係性(セフレ)に違和感がなく、実録感が非常によく出ている。

訪問からトーク、軽いお触りに3分程度の後、ハヤトくんの顔が映りキスから素人女性による男優攻めがスタート。
この素人女性は攻め好きなようで、その分ハメ撮りでもハヤトくんの顔やカラダがよく映るので有難い。

乳首舐め、フェラに8分弱。
フェラは上から見下ろすようなアングル(アップ)と、固定カメラで横から引きの映像の2種類あり。
引きの映像ではハヤトくんのパンプアップされた腕と胸、ケツに勃起チンポが捉えられ、おいしいショット。

そこから素人女性がシャワーを浴びることになり、途中からハヤトくんも乱入してシャワー室で素人女性攻めに3分弱。
このシャワールームでのプレイはずっと固定カメラだが、ちょうどハヤトくんの顔から局部あたりまでが収まっていて楽しめる。
乱入時にムチケツ全景ショットもあり。

攻守交替で男優攻めに3分弱、フェラでは筋肉モリモリのカラダにイチモツの屹立感が映える。
再度素人女性を1分程度攻め(この際ちょっとケツショットあり)、ベッドへ移動。

ベッドで本格的に素人女性攻め10分強、ここは定点カメラ中心でゲイ的にはグロさが薄れてよい。
立ちフェラに3分程度、寝フェラと69に3分弱、指マンに1分程度を経て、生挿入へ。

ファックは15分弱、体位は正常位、騎乗位、バック。
基本的にカメラを手に持って結合部接写・女優さんの表情を捉えたアングルと、固定カメラの2パターン。

カメラ1台なので大変だとは思うが、騎乗位で結合部が見えないアングルや、正常位でハヤトくんの腰遣いが見切れるアングルなど、固定カメラはちょいちょい誰得なアングルが入ってくる。
バックも、結合部接写はあるものの男優ケツ側アングルはなく、素人女性の顔側から映したアングルでも男優上半身の映りが少し物足りなく感じられる。

そんな感じでファックは何とか撮りながら「こなしている」感が強いものの、一応生ハメのエロさは伝わってくる。
フィニッシュは口内射精で、鈴口からザーメンが出る様子がはっきり確認出来本物。

全体的に、ハヤトくんのエロい肉体とチンポ鑑賞用としてはかなり上出来な作品。
ハメ撮りであるがゆえに無防備にケツやチンポを見せてくれている、というメリットも大いにある。

ただし、内容的にエロいかというと、微妙なところ。
ファック前まではシャワーパート含め、素人女性の積極性も手伝ってそれなりにエロいのだが、ファックに入るとやや単調な感じになってしまう。
それは分数に対する体位の少なさからも裏付けられる。

ハメ撮り(自撮り)のいいところ、悪いところ両方出たような作品で、おすすめ度4にはもう一息。
ただし、ハヤトくんの過剰なソフト喋りは慣れている相手のためかそれ程気にならないし、肉体鑑賞用としては十分おすすめな作品。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<天然むすめ>
ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見 ~ホテルHと自宅Hどっちが好き?~
※本記事で紹介している作品です。




↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング



HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

fumei_ihan
→拡大画像はこちら

タイトル:ソコは注射違反
出演男優:不明、チョコボール向井
出演女優:不明
収録時間:約20分
発売日:不明


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
不明男優さん二人とミニスカポリスの車内3Pモノ。
チョコボール向井さんがナビゲート役的に出演しており、その風貌と「ミニスカポリス」というコスプレから90年代後半あたりの作品か。

整備士という設定でつなぎを着た男優さん二人がミニスカポリスとハメるのだが、赤いつなぎを着た男優さんがかっこいいので、その男優さん追いで紹介。

まずはチョコのナビゲートに2分程度、駐車違反を注意しに来たミニスカポリスを整備士二人が車内に連れ込み、あっさり3Pへ。
ミニスカポリスは大した抵抗もせず。

5分程度女優攻めだが、白つなぎさんが主導権を握っている感じ。
しかし赤つなぎさんの顔はよく映っている。

赤つなぎさんのフェラに3分程度、つなぎの下はブルーのビキニ(?)っぽく、出来ればノーパンがよかったが、つなぎから勃起チンポだけ出してフェラをさせているショットがあり、アングルは単調ながらフェチ的満足度高い。
また、途中で赤つなぎを完全に脱ぎ捨てるところも割とよく取れている。
モノのサイズはやや大きめ程度、亀頭も肉茎も赤黒い感じでよい。

チョコが乱入し、クンニ指マンに2分程度。(お手本を示したらしい。)

そこから白つなぎさんが先にバックでハメ2分程度(ゴム挿入)。
この間、赤つなぎさんはフェラをされているが、やや引きの映像が中心となる。

白つなぎさんが尻射精でフィニッシュし、交替を促されると「拭いてあげないとかわいそうじゃない」的優しさを見せる。(もともとあった設定なのかもしれないが)

赤つなぎさんのファック(ゴムあり)は4分弱。
体位はバックと松葉崩し。

最初にやや横からではあるもののケツ全景が捉えられ、なかなかのプリケツでケツ好きは一応の満足度が得られる。
バック挿入は結合部アップが弱いが(車内で見せにくい、というのもありそう)、続く松葉崩しでしっかり挿入確認。

ファック中は2P状態となり、男優さんの骨格しっかりのスジ筋なカラダもよく拝める。
小さめ乳輪の乳首アップもあり。

フィニッシュは女優さんの胸に射精だが、この男優さんの濃厚スペルマはかなりのエロ度。
大袈裟でなくこれまで見た射精の中でも一番濃いのではないかという程で、鈴口正面から射精の様子が捉えられているのだが、コンデンスミルクとかそんなレベルではなく、ところてん(食べる方です)が出るような感じのニュルニュルっとした濃さ。
濃厚なため飛距離は短いものの、女優さんの胸の上に液体というより固体に近い状態のザーメンがきし麺のように乗っていて、白つなぎの男優さんも「すごい濃いの出たな~」と感嘆の声。

そのままティッシュで拭いてしまうのが残念だが、とてもいいものを見せてもらった気分。
ラスト、全裸で走り逃げバックショットがおまけ的に付く。

好みの差はあれど一般的にイケメンの部類に入るであろうルックス、しっかりと引き締まったカラダ、そこから発射される特濃スペルマという男優さんが持つエロエロしさに加えて、「つなぎ」というフェチ向けアイテムも活用されゲイ向けにおいしい作品と言えるだろう。

難を挙げるとすれば、カーセックスという性質上、カメラワークや体位が限られてしまう点。
それと、白つなぎさんとの3Pは赤つなぎさんをより一層輝かせるという意味で悪くないが、チョコがちょいちょい邪魔。

しかしながら、ケツ全景も拝めるし、衝撃の(?)濃厚スペルマ(言う程でもなかったらごめんなさい)も拝めるしでおすすめな作品。
結合部のアップが弱い点などを踏まえおすすめ度は4には届かないが、赤つなぎさんがストライクゾーンに入りそうな方は是非チェックを。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
ソコは注射違反
※本記事で紹介している作品です。



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング



HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

sawachi_ueda_aine

タイトル:濃厚2連続中出しファック
出演男優:澤地真人、上田昌宏
出演女優:愛音ゆり
収録時間:約20分
発売日:2011/1/14


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
白濁ローションぶっかけ3P愛撫イカせ」と続きとなっている作品で、「白濁~」で澤地さんと上田くんがローションを使った女優攻めを15分強行った後、本作へ突入となる。(「白濁」~パートは女優攻めのみで、フェラなどはなし。)

「2連続」のタイトル通り、澤地さん、上田くんの順にファック+中出しを行い、ファックパートのみ見る分には3P感は全くない。
ファックに割かれる時間が澤地さん10分強、上田くん5分程度のため、澤地さんパートをメインに上田くんパートも軽く紹介。

ローション攻めが終わり横たわる女優さんのもとに澤地さんがビキニブリーフ1枚で登場、キスの後、フェラに1分半。
このフェラは挿入前の準備といった感じでそれ程激しさはなく、アングルも単調だが、ビキニから澤地さんの勃起チンポを取り出し、しゃぶる様子がアップで堪能出来るという意味では有難い。

女優さんのジーンズを少しずり下ろした状態でバック挿入に移行するが、挿入前に素股的焦らしが入り、これがなかなかエロい。
女優さんの尻とジーンズの間で押しつぶされたような状態になった勃起マラが、表側から、裏側から捉えられ、裏側(男優ケツ側)からは玉袋、アナル位置レベルも拝める。
モノに十分な長さがあるからこそ魅せられるエロさ。

実際に生挿入が始まるとケツほぼ全景が捉えられる。
女優さんが横向きに寝る変則体位を経て、背面座位へ。

この背面座位は比較的澤地さんの表情もよく捉えられ、プレイ的にも腰を動かすのを途中で止めるなど、エロい焦らしが入っていてよい。
背面騎乗位へ移行し、裏スジを堪能して、寝バックへ。

この寝バックが澤地さんパートでは体位のエロさ的にもアングル的にもハイライトだろう。
途中入る男優ケツ側アングルでは、足の裏からケツ全景、アナルヒダレベルまで拝め、ケツ好きには満足。
ただし裏玉は途中から女優さんのジーンズに乗るような感じで見えにくくなる。

横からのショットでもケツ上部の筋肉の浮き上がりがよく分かり、上半身胸側や腕も映って一通り澤地さんのカラダが堪能出来、フィニッシュは中出し。
この中出しは特に結合部を見せるような工夫はなく、本物かどうか不明。

そこから1分経つか経たないかで上田くんが全裸に勃起チンポで登場、フェラもなしにいきなり寝バック挿入。
上田くんの体位は他に立ちバック、背面騎乗位、正常位。

立ちバックでは振り子のように揺れる裏玉+ケツほぼ全景が捉えられ王道のエロさ、正常位では序盤先っちょだけ挿入の焦らしなども入っている。
男優ケツ側アングルでケツほぼ全景、アナルヒダレベルも確認でき、同様に中出しフィニッシュ。
これも本物かどうかは不明。

澤地さん、上田くんともほぼ無言だが、無機質感が逆にアングラなエロさを醸し出している。
二人が筋肉質デカマラ男優さんだからこそ、画になる作品だろう。
また、ほぼ無言ながらも焦らしや激しい突きなどのメリハリが視覚的に、またパンパン音で聴覚的にも伝わってくるため、単調にならない。女優さんの反応も良好。

前段の女優攻めなしでいきなり挿入の方がなおエロかったが、放り出されたような状態の女優さんに2連続挿入、というシチュエーションの作り方はいいし、ジーンズずり下ろしファックというのも、ゲイ向けにもプラスに働き(澤地さんの素股的焦らしショット、無駄にマンコアップを見なくて済む、等。)、おすすめ度は4に届く。

ちなみに、澤地さんと上田くんの巨根比べ交互フェラ・Wフェラ(・・・と言ってもそれ程正確にサイズが比べられる訳ではないが)は本作と同女優さん出演の「巨根ダブルフェラ2連続ファック&2連続中出し」に収録されている。
こちらは機会があれば別途紹介。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<Jエクスタシー>
濃厚2連続中出しファック 愛音ゆり
※本記事で紹介している作品です。

白濁ローションぶっかけ3P愛撫イカせ 愛音ゆり
※本記事で紹介している作品の、前段部分です。

<トリプルエックス(旧exotica)>
身体検査する男達をも誘惑する淫乱ボディ
※本記事で紹介している作品が終盤に収録されているようです。



↓澤地さんの新作はここからチェック!
50音検索 男優リスト


↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

tattoo_sawa
→拡大画像はこちら

タイトル:下宿屋の三十路妻 第二話
出演男優:不明
出演女優:澤よし乃
収録時間:約70分
発売日:2010/5/3


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
東熱作品の大人数パートや、BTCの素股パートでおなじみのフトモモにTATTOO男優さん。
2P作品はかなり珍しいのでは・・・、と期待したが、どうやら疑似姦っぽい。

下宿先の欲求不満夫人に弄ばれるドラマモノで、女優さんのモップオナニーに10分程度、TATTOO男優さんの絡みに45分程度、顔出しなしの旦那のフェラ抜きに15分程度。

女優さんが男優さんに届いた荷物がエロ下着であることを素早く突き止め、あれこれ問い詰めるドラマパートに10分程度。
そこからキスが始まり、30分近い男優攻めが続く。(途中69が1分程度入るが)

乳首舐め、乳首弄りは感じているというよりくすぐったいようで、リアクションは上々。
ボクブリ上からの足コキもなかなかエロい。

フェラは寝フェラのみだが、おむつ替えのポーズを取らされ玉舐め、アナル舐め(?)をされたりと、痴女に責められている感は十分出ている。
モノはAV男優としては普通サイズだが、ややカリ高でちょっと引きの映像でも存在感がある。

素股の後、再度本格的に男優攻め。
腋舐めでは勃起チンポが上下にピクピク動く様子がやや引きで捉えられ、反応しているのがわかりエロい。
乳首舐めやらフェラやら激しい手コキやら、上下に忙しく動きつつ最後は口内射精。
この射精、本物っぽく見えるのだが、口に含んだ状態のためはっきりとは分からない。
女優さんが口に含んだザーメンを男優さんの腹上に出すが、本物かどうか・・・。

この後、女優さんが「このままじゃ終わらせないわよ」的に騎乗位挿入、ファックに5分強だが、結合部のはっきりしたアップがない上、男優さんのチンポが萎えているようにも見え、疑似っぽい。
体位は他に女優さんの片脚を持ち上げての正常位、バック。
ケツ側アングルは残念ながらなしで、ラスト中出し後にちらっとケツ上部の割れ目が拝める程度。
ラストの中出しも本物っぽく感じさせる要素なし。

本物かどうか怪しい射精、本物かどうか極めて怪しい本番、ケツなし、とマイナス要素が先に並んでしまう作品ではあるが、
あらかじめ偽射・疑似姦と想定した上で鑑賞すれば結構エロい作品。

このサーファー風男優さんが何歳なのかは分からないが、痴女に一方的に攻められ反応する様子は演技だけではなく、素の部分も大いにあると思われ、痴女女優さんの攻めっぷりもボクブリ上からだが足コキをしたり、おむつ替えのポーズを取らせたりと、なかなか優秀。
二人ともドラマの設定をしっかり意識して最後まで演じきっているのもよい。

ケツアングルがないのが残念だが、腋毛、乳首、足とケツ以外はパーツもよく映っているので、この男優さんが好きな方、気になっている方には攻められている時の反応含め楽しめる作品と言える。
とはいえ、偽射・疑似姦の可能性がある(特に後者)ためおすすめ度は3止まり。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<熟女倶楽部(旧 人妻クラブ)>
初裏流出作品 澤よし乃 第2話~下宿屋の三十路妻~
※本記事で紹介している作品です。

<2candys>
スケベ丸出しの人妻!!
※本記事で紹介している作品が後半に収録されています。



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

hattori_kiryuu
→拡大画像はこちら

タイトル:エロギャル社長
出演男優:服部義(渋澤拓磨) 他
出演女優:桐生さくら
収録時間:約65分
発売日:2011/9/9


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
リーマン役の服部くん(他2名)が、ギャル社長の性処理道具にされてしまう、軽いドラマモノ。

序盤、ギャル社長の社長室オナニーに20分強。
そこから軽くドラマパート、仕事も恋も上手くいかないギャル社長はムラムラを解消すべく営業部の3人を呼び出す。

服部くん以外の2人は個人的に全く抜き対象にならず不要だが、イケる人もいるのかもしれない。
まずは服部くんがセクハラ的にカラダを触られ、キス、ギャル社長の唾を飲まされる。
胸を揉まされたり、乳首を舐めさせられたりに5分強。

そこから残りの二人も奉仕を命ぜられ、4Pへ。
片乳を服部くんが吸い、もう片乳を別男優さん、マンコを別男優さんが顔面騎乗でクンニするようなスタイル。
この男優さん3人による奉仕が5分弱。
服部くんはスーツ着衣のままケツを突き出すようなポーズを取っているところもあり、スーツフェチ的にもそれなりの満足感が得られる。

途中から、服部くんと別男優さんがスーツの下だけ抜いでフェラの準備へ。
服部くんはこの時点ではそれ程勃っていない。
一応、シャツとソックスは着衣のままなのだが、薄いグレーで厚みのあるソックスだし、あまり全身が映るショットもないためスーツフェチ的楽しみはこのあたりで終了。

まずは2本交互フェラに3分弱。
服部くんのモノは当然よく映っているが、アングルは普通。

途中からもう一人の男優さんが加わり、3本交互フェラ、3本同時舐めなどに3分程度。
チンポを上から見下ろすアングル中心。

服部くんを中心に再度女優攻めに7分程度の後、服部くんのみ2分程度フェラ。
そこから生挿入へ。

ファックは15分弱、うち服部くんが10分強なので、4Pというよりは服部くんの2Pに時々邪魔が入るような感じ。

服部くんの体位は立ちバック、女優さんがソファーに座っての変則正常位、駅弁、女優さんがデスクに座っての変則正常位。
最初の立ちバックで男優ケツ下から結合部を見上げるような接写が入り、裏スジ、下玉~裏玉、門渡りが捉えられる。
アナルは位置推測レベル。
他にやや横後ろ側から引きの映像でケツの割れ目が分かるレベルまで捉えたショットあり。

続く女優さんをソファーに座らせた体位からデスクに座らせた体位まではケツ好きにはおいしいショット満載。
まずソファーに座らせた体位で結合部を男優ケツ側から接写、アナル位置レベルと裏玉。
この後引きの映像で男優ケツアングルが入り、ケツ全景が捉えられる。
エロい腰遣いに合わせてケツ筋が動く様がはっきり映し出され、かなりのエロさ。

ソファーに片脚を上げ、乗り上げ正常位のような体位になると、男優ケツ側からの結合部接写に加えて、引きのアングルで突き出したケツ+脚全体(靴下は脱いでいる)が捉えられドエロ。
引きのアングルにもかかわらず裏スジやアナル位置レベルも確認出来る。

駅弁でデスクに移動する際には歩きながら動くケツが映っていて、ケツ好きにはかなりのサービスショット。

そのままデスクでのファックに移行、ここは冒頭にケツショットがあるぐらいで、途中別男優さんの口内射精やファック交替による中出し等を挟む箸休めパート。

フィニッシュは中出しだが、上から結合部接写で血管ウキウキ、それだけで十分本物っぽいが、モノを抜いてから根元から残りザーメンを絞り出し、鈴口からザーメンを見せてくれる「中出し証明」的サービスショットがあり、本物。

この後再度マラを女優さんのマンコに挿入してザーメンまみれにして、フェラさせるという徹底したエロ仕事っぷり。
ちょっと残念なのは、服部くんの前に別男優さんが一応中出ししているため、混ざってしまっている可能性がある点と、女優さんがザーメンを舐め取るショットがちょっと遠い点。

ギャル社長の性処理道具にされる、という建前で演技をしている服部くんだが、最終的にはあえて中出し後に再挿入→ザーメンまみれの肉棒をフェラさせる、など逆転・屈服させている感じで、ギャル社長にむかつくことはそれ程ない。(個人的には唾飲ませが非常に不愉快だが)

視覚的にはとにかく服部くんのケツ好きなら大満足なはずで、結合部の接写も充実。

残りの2人の男優さんが多少邪魔に感じるところもなくはないが、スーツスタイル、中出し後ザーメン絞り出しショット、中出し後再挿入でザーメンまみれの勃起チンポなど、それを補って余りあるフェティッシュポイントの数々、おすすめ度は余裕で4をクリア。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<一本道>
桐生さくら「エロギャル社長」
※本記事で紹介している作品です。



↓服部くんの新作はここからチェック!



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

fumeiF_megumi
→拡大画像はこちら

タイトル:悪徳プロダクション-だまし面接!-驚異のバスト103㎝のGカップ爆乳娘
出演男優:不明Fさん
出演女優:めぐみ
収録時間:約80分
発売日:2010/12/21


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
ワレメはみ出し~」「強制辱めファック~」に続いて3作目の紹介となる男優さんのため、「不明F」さんとする。

キャンギャルだかモデルだかの面接に来た素人女性に淫タビューをしながらボディーチェック、本番にまで持ち込むという内容で、セットもシチュエーションも紹介済みの2作とほぼ同じ。
自撮り(ハメ撮り)形式なのも同じ。

素人女性は一応「そんなこともするんですか?」的なことを口では言いながらも、されるがままでほとんど抵抗せず、最終的にはかなり大声で感じまくっている。
「だまし面接!」というシチュエーションは、男優さんが昭和的ねっとりエロをプレイに活かしやすいように用意しているのだろう。

前半、淫タビューからボディーチェック、素人女性攻めと40分弱。
男優さんの顔も時々映っている。
以前の記事でも書いているが、この男優さんは決して若くはなく、ファッションもどこかしら90年代に青春時代を過ごしました感が漂う。

ソフトに優しく、言葉責め・質問攻めを適度に織り込みながら素人女性を落としていく。

続いてフェラ、ボクブリに先走りのシミが付いているのがエロく、それをきっちり映してくれているところもよい。
ただし素人女性に鈴口から指で先走り液を糸引きするような女優魂はなく、ボクブリを脱がせるといきなりぱっくり咥えてしまうのは残念。

フェラは5分弱で、立ちフェラ。
アングルが上から、横から、股下からもちょっと、とハメ撮りとしては工夫されている。

1分程度の指マンを挟んで、ゴムあり(透明)の本番へ。

ファックは30分強と長め。
体位は立ちバック、正常位、横臥位、騎乗位、背面騎乗位、その他変則体位など。

最初の立ちバック挿入時に男優さんのケツ全景がやや横からだが映り、こういったハメ撮りモノでは有難いショット。
続く女性が寝て男性が立つ変則的な正常位では、上から結合部が見下ろすようによく捉えられ、セットで乳首のアップがあったりと、次第に上半身胸側の彫刻のようなエロ筋肉がクローズ・アップされていく。

通常の正常位に移ると、カメラを男優ケツ側に回して結合部アップのサービス。
ここはケツ(尻)はほとんど分からないが、アナル~門渡り~裏玉~肉棒とセットで拝める。
アナルはヒダレベルでかなり鮮明に映っている。

ここから正常位、騎乗位、背面騎乗位などは基本的に男優さん目線のカメラワークだが、結合部を捉える際にセットで筋肉パキパキの上半身も捉えられているのが有難い。

内容的には素人女性がかなり反応良好で、男優さんはせがませたり淫語を言わせたり、「すっげ~」「やらし~」などどこぞのゲイビデオのような台詞も連発でノリよし。

そしてフィニッシュは正常位から素人女性の腹上に射精だが、この射精、かなりコントロールがぎりぎりになってしまったようで、女性のマンコ内にゴムを残したまま慌ててチンポを抜き噴射している。
ゴムの中にも1~2発出したのではないかという感じにここの射精の流れは明瞭に捉えられていて、数発鈴口から弧を描くように勢いよく出ている様子もよく分かる。
射精後のザーメンアップで量の多さも確認出来る。

全体的に既に紹介済みの2作と同じパターンで食傷感は否めないものの、ケツ、アナルヒダレベルが映っているというのは非常にポイントが高いし、ボクブリのシミ、ファックの盛り上がり、ラストの射精のエロさなど、この男優さんの出演作品群のなかでも加点要素の多い作品。

おすすめ度は4をクリア。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<アクアリウム>
めぐみ / 悪徳プロダクション-だまし面接!-驚異のバスト103㎝のGカップ爆乳娘
※本記事で紹介している作品です。



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト