ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。


tabuchi_bakudan
→拡大画像はこちら

タイトル:爆弾BODY
出演男優:田淵正浩(小林政宏) 他?
出演女優:樹まりこ
収録時間:約30分
発売日:2006/10/22


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
同一女優さんによる2本の絡みが収録されており、後半1本は田淵さんとの絡み。
最初の1本も体付きが田淵さんっぽいのだが、2本目と髪型が異なっていたり顔がはっきり見えなかったりで、別人かもしれないため、2本目(20分弱)に絞って紹介。

オリジナル(表)は93年頃発売され、流出版の「セックスパート」のみを収録しているようだ。
ベッドの上でちょっといちゃいちゃした感じでスタート、女優攻めは軽くSな言葉責めも入っていい感じ。
当時のAV男優の主流下着であった極小黒ビキニが食い込んでTバック状態になっていたり、フェチ心を刺激するショットもある。

6分強の女優攻めの後、フェラ~69に3分弱。
ここは69で男優さんが横向きになり、片脚を大きく上げたケツ側ショットが入るのが非常においしい。
アナル付近のアップもちょっとだけあるが、位置確認レベルまでは行かない。

ファックは9分弱で生ハメ、体位は正常位、バック、騎乗位など。
男優ケツ側アングルが充実しており、正常位では揺れる裏玉も短い時間だがセットで確認できる。
騎乗位などで女優さんに主導権を取られると、堪らず漏れてくる喘ぎ声も○。
フィニッシュは胸に射精で、ちょっとドロッと下に垂れる感じだがおそらく本物かと・・・。

田淵さんは2000年代もかっこいいが、やはりこの時期(90年代前半)のイケっぷりは神がかっている。
整った正統派男前顔、褐色の適度に筋肉質なエロいカラダ、万人ウケしそうな形・サイズのモノ、若さ、AV男優としてのエロさとかわいさの二面性・・・、と自分も含め当時のゲイには格好のオナペット(ちょっと失礼な言い方だが、褒め言葉)だったであろうことは想像に難くない。

作品としては短いながらもケツアングルが多く、田淵さんの顔やカラダもよく映っているので無駄に長いよりはいいし、一気に観れるので単調さを感じないのも利点。
同時期の田淵さん出演作との比較や、画質が現在の高画質作品に比べるとさすがに落ちることを配慮して、おすすめ度は3。

若い頃の田淵さんに興味がある方は、機会があれば是非。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<昔の裏ビデオ配信>
不動のAV女王 樹まりこ
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。

<Sweety Candy>
爆弾BODY
※本記事で紹介している作品が収録されています。

<トリプルエックス(旧exotica)>
爆弾BODY
※本記事で紹介している作品が収録されているようです。



↓田淵さん(小林さん)の新作はここからチェック!

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nonkelover.blog106.fc2.com/tb.php/179-924f6842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック