ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。


hashimoto_kuga
→拡大画像はこちら

タイトル:女豹(クーガー)
出演男優:橋本誠吾
出演女優:天音まりあ
収録時間:約55分
発売日:2010/4/28


ゲイ的おすすめ度 ■■■□□
肉食痴女が若い草食系男子を喰い尽くす、というシチュエーションモノ。

夜の街で橋本くんがナンパされ、1分も経たないうちに二人でシャワーを浴びるシーンへ。
このナンパ設定はかなり投げやりだが、どうせ仕込みと分かっているので短くていいだろう。

シャワーシーンは二人の足元から徐々に上がっていくカメラワークが小粋。
痴女モノなので女優さんによる責めが充実、責め方に感じの悪さもなく、橋本くんの感じ方も、多少演技が入っているとはいえエロい。
特に乳首攻めは喘ぎ声がかわいく、乳首アップも存分にあるので乳首攻め好きにはいい。

3分程度の乳首攻めの後、フェラに5分強。
このあたりからちょっと女優さんのカメラ目線がうざくなるものの、痴女風フェラを徹底しており、チンポが目の前にあるようなバーチャル感もあり。
優秀なのが手コキが少ない点で、横からの引きのアングルでも勃起チンポがよく見えるし、鈴口周辺だけを舐めるショットが上からのアングルで捉えられ、フェラパートでありながらもチンポの全体像をたっぷり鑑賞出来る。
橋本くんの実況中継もよく入り、感じ方もよい。
玉舐め・玉吸いで少しケツ側アングルが入るが、ケツ全景には及ばず。

何度も橋本くんが「やばいです」的なことを発言すると、女優さんが「しょうがないわね~」的にオナニー披露開始。
なんでその流れでオナニー披露なのかよく分からないが、このオナニーは橋本くんが全く映らないので、飛ばしやすくてよい。
時間は10分弱。

ベッドルームに移動し、本格的に前戯スタート。
もちろん痴女モノなので前戯も男優攻めから。
キス~乳首攻め~わき腹舐めに5分弱。

乳首攻めの反応は相変わらずよく、女優さんも乳輪だけ舐めて焦らしたり、爪で乳首を刺激してみたり、つまんでみたりと責め上手。

そのまま寝フェラに5分弱だが、まずは玉舐め・玉吸い。
ここはシャワーシーンに比べて玉の動きがよく分かってエロい。
フェラはアングル含め普通。

女優攻めは10分強で、パフパフからお返しとばかりに乳首舐め。
そこからマン攻めに移るとほとんど橋本くんの手しか映らず、ちょっと残念。
女優さんが失禁するところがあり汚いが、割とスルー気味にされているのでそれ程興を削がれることはない。

準備程度に座りフェラを挟んで、生本番へ。
ファックは10分強で、体位は騎乗位、バック、正常位。

残念ながらファック中のケツアングルはないが、本番に入る前にちょっとだけ橋本くんのケツ全景が映る。
全体的に女優さんの体・表情を捉えたカメラアングル中心ではあるものの、バックでの横からの結合部ショットで抜き差しされる肉棒、正常位で上からの結合部接写など、結合部は及第点レベルで捉えられている。

女優さんの声がかなり大きいが、橋本くんもファック中喘ぎ声を出しているのが聞き取れる。
フィニッシュは中出しだが、即尺もなく本物かどうか不明。

この作品の一番のミステイクは、女優さんのカメラ目線を多めに取り入れて、中途半端にノンケ向けバーチャル感を狙ってしまったところ。
橋本くんの顔や体はファック時を除けばかなりよく映っているし、声も出ているのだから、完全に「外から二人を観る」作風にしてしまった方がよかった。

しかし本作、橋本くんのカラダや顔のパーツがよく映るので、パーツフェチにはおいしい。
乳首はもちろんだが、鼻や唇が意外と(?)エロい。

橋本くんが責められて感じている様子を楽しめる作品として良作、しかしファック時含めケツショットがほとんどないのが響き、おすすめ度4には届かず。
しかし、橋本くん好きならチェックしておきたい作品。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<カリビアンコム>
女豹(クーガー) 天音まりあ
※本記事で紹介している作品です。



↓橋本くんの新作はここからチェック!
50音検索 男優リスト


↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nonkelover.blog106.fc2.com/tb.php/454-734bade9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック