ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。


koike_wakare
→拡大画像はこちら

タイトル:恋愛工作員 別れさせ屋
出演男優:小池○也
出演女優:天野しおり
収録時間:約55分
発売日:2011/4/13


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
カップルを別れさせるために女優さんが彼氏(小池さん)を誘惑して虜にしてしまう、という軽いドラマモノ。
ワインをわざとらしく小池さんの股間にこぼしてフェラチオに持ち込むなどベタベタなシナリオはいいとして、女優さんの棒演技は凄まじい破壊力。
小池さんの自然な演技でかろうじてドラマとして成り立っている。

序盤10分程度(ワインぶっかけまで)ドラマパート、小池さんと女優さんがダーツバーで逢瀬を重ね、次第に親密になっていく。
ぶっかけ後、トイレでフェラ抜きに3分強。

下着を降ろすとすでに勃起状態、アングルは普通だが、横からカリ高感がよく伝わり、上からは太さが際立つ。
口に含んだまま射精のため本物かどうか分からないが、鈴口にチラチラ白いものが見えるため、本物かもしれない。

ホテルに場所を移し、本格的にセックス。
10分強の女優攻めは設定を意識した優しいものながら、ねっとりヴォイスで女優さんを上手くノセていく。
ちょっとドタバタ機材音が聞こえるのが残念。

続いて男優攻めに4分程度、上半身を軽く愛撫してから寝フェラ3分弱。
寝フェラの流れで69に移行、5分強。

ここは横からカリ高感が際立ち、引きのショットではどっしりとした肉棒の存在感が際立つ。
アップもありで、小池さんのカリ高太マラのエロさはよく伝わるアングル。

2分程度の女優攻めを挟んでから、15分強のファックへ。
生挿入で、体位は正常位、立ちバック、片膝立ちバック、バック、背面騎乗位、騎乗位、屈曲位。

最初の挿入時、結合部をアップで捉えており、カリのデカさがよく伝わってくる。
上からケツ全景が捉えられ、腰をクイクイ動かす様子も堪能出来る。
また、男優ケツ側アングルで結合部接写も入り、アナルほぼヒダレベル~裏玉~肉棒と、ケツ全景も捉えられている。

立ちバックは挿入時に下から見上げるようなカメラアングルを採っており、脚~ケツ好きには嬉しい構図。
結合部下から、また男優ケツ側からも結合部接写が入り、下玉・裏玉、ケツほぼ全景もフォロー。

片膝立ちバックはケツのむっちり感がかなりエロく強調され、玉袋の存在感もここが一番か。
(ただし勃つと縮み上がる系の玉袋っぽく、ぴったんぺったん的なエロさはあまりない。)

騎乗位の結合部接写は裏スジの太さが迫力あり、玉袋に生えた毛のわっさー感もエロい。
ここだけではないのだが、小池さんが女優さんに何か質問をすると、それまでの喘ぎ声からワントーン下がって素の声で回答するのがやや興冷めではある。

屈曲位は横から結合部を捉え、ストロークがよく見える。
ここも男優ケツ側からのケツ全景含む黄金ショットが入り、腰をグラインドさせたりする様子も捉えられエロい。

フィニッシュは結合部が全く見えない状態で中出し、事後の鈴口もはっきりとは確認できず、本物かどうか不明。
そのままドラマも〆。

ドラマ仕立てにしたことによるエロさはそれ程ないものの、小池さんの2Pをじっくり堪能出来る作品として良作。
むっちりケツ全景やケツ側アングルが充実している点や、小池さんのカリ高太マラが挿入される様子がよく捉えられている点が視覚的にプラス要素。
内容的には過剰過ぎない言葉責めが入っていてよいが、それ程大きな盛り上がりはない。

口内射精、中出しともに射精がはっきり確認出来ない点や、女優さんの小池さん任せ過ぎる作品への臨み方は微妙にマイナスではあるものの、おすすめ度は4をクリア。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<カリビアンコム>
恋愛工作員 別れさせ屋
※本記事で紹介している作品です。



↓小池さんの新作はここからチェック!
50音検索 男優リスト


↓小池さんの「昔の裏ビデオ配信」出演作はここからチェック!
昔の裏ビデオ配信 男優別作品リスト


↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング



HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nonkelover.blog106.fc2.com/tb.php/476-0f210c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック