ゲイが楽しむノンケ向けAV
ゲイの視点からノンケ向けAVを紹介するブログです。18歳未満の方は退出願います。


thankyou_aoyama
→拡大画像はこちら

タイトル:ムチムチお姉さんが責めてあげる
出演男優:サンキュー高田
出演女優:青山葉子
収録時間:約45分
発売日:2011/9/12


ゲイ的おすすめ度 ■■■■□
サンキューがM男的に女優さんに責められる2P作品。

着衣上から女優さんに触られると、「全身性感帯なんです」とカラダをビクンビクンさせるサンキュー。
乳首攻め(アップあり)、唾飲ませプレイ、手コキ、パイズリと女優さんは女王様テイストを守りつつ男優攻めを続けていく。

ちんぐり返しのスタイルでアナル舐めというエロプレイでは、アナルを舐める前にヒダレベルがはっきり確認でき、舐め始めても「実際に舐めている」のが分かるレベルでアナルが捉えられている。

四つん這いに体勢を変えると、「すごい開いてる」と女優さんによる言葉責め。
ここもヒダレベルで確認出来る。
この体勢でチンポをケツ側に押し出し、裏亀頭チロチロ~フェラをするのが非常にエロい。
裏マラが特によく映っている。

これら一連の男優攻めに15分弱。

続いて女優攻めに10分強、「○○していいですか」的に攻めていくが、女優さんは攻められると割と素直に反応。
一応、顔面騎乗でグリグリしたりして、女王様の体裁は守っている。

5分弱の69(アングルは普通)を経て、生挿入へ。

体位は騎乗位、対面座位、松葉崩し(?)、横臥位、乗り上げバック、立ちバック、マングリ返し挿入、正常位、屈曲位と多彩で、時間は15分強。

最初の騎乗位、接写で裏スジ確認。
松葉崩し風の体位では肉棒の出し入れが横からはっきり確認出来る。
ここから横臥位に移動する際、サンキューのむっちりしたケツ全景ショットが短いが入る。

乗り上げバックでは男優ケツ側アングルが入り、結合部接写で裏玉~門渡り~アナルヒダレベルまで捉えられる。
ケツ全景に関しては弱い。

立ちバックは下から結合部接写あり、またがっちりむっちりのケツ全景がやや斜め横からになるが捉えられる。

マングリ挿入では裏マラ側から結合部接写、肉棒を奥までハメているのがよく分かるとともに、アナルヒダレベル、ケツも6割程度映っている。

ラストは正常位~屈曲位から中出しだが、「その瞬間」結合部が見えず、本物かどうか分かりにくい。

ファックになると、女優さんの女王様テイストは完全に奪われ、男優さんに突かれるがままちょっとうるさいぐらいの声で反応している。

ベッドで本格的に絡む前に、二人が立った状態で並ぶショットがあるのだが、女優さんに比べサンキューの背の低さが際立ち、女王様に可愛がられるM男キャラがより強調される。

激しく攻めるプレイもM男プレイもこなすサンキューだが、これは身長差と女優さんのそれなりのSキャラぶりを考えればM男モノで作成するのが必然な作品で、結果成功している。

前半はクールでドライな女王様に攻められて身悶えするサンキュー、後半は立ち場逆転で女王様をアンアン言わせる優しいプロ男優サンキューの魅力がよく出ている。

男優さんが攻められるので当然カラダもよく映り、ガッチビ・ムッチビの称号がふさわしい(年齢的なものはともかく)パンプアップされたカラダは上から下まで魅力的。

ケツ好き・アナル好きにも及第点であろうカメラワーク、鮮明に捉えられた結合部など、スタッフの仕事ぶりも上々。

おすすめ度は問題なく4をクリア。


↓動画を観たい方は、こちらから!
<熟女倶楽部(旧 人妻クラブ)>
ムチムチお姉さんが責めてあげる
※本記事で紹介している作品です。

<カリビアンコム>
淫らって素敵! 青山葉子
※本記事で紹介している作品のようです。

<トリプルエックス(旧exotica)>
STAR TOKYO Vol.3 PART1
※本記事で紹介している作品のようです。

<2candys>
Star Tokyo3 Vol.1
※本記事で紹介している作品のようです。



↓サンキューの新作はここからチェック!
50音検索 男優リスト



↓人気のゲイブログはここからチェック!
アダルトブログランキング【ゲイ】
FC2 Blog★Ranking 同性愛 ランキング



HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-


テーマ:ゲイ・エロ動画 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nonkelover.blog106.fc2.com/tb.php/482-adbe4bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック